vol.98 - 脂肪の燃焼を促進するサプリメントとは?

要点のまとめ

  • α-リポ酸が脂肪酸を燃焼しやすい形に変える
  • L-カルニチンが燃焼サイクルのTCA回路へのバトンタッチを進める
  • 複数のサプリメント素材の組み合わせで効果的に脂肪燃焼

脂肪の燃焼を促進させるサプリのLカルニチン

脂肪酸は筋肉細胞の中にあるミトコンドリアで燃焼してエネルギーとなるが、ミトコンドリアの中で脂肪酸を燃焼させるTCA回路を効果的に働かせるために必要な成分がある。それは体内にもともと備わっているα-リポ酸とL-カルニチン

脂肪酸はTCA回路に入る前にアセチルCoAに変化するが、それを促進して燃焼しやすい形に変えているのがα-リポ酸。ビタミンではビタミンB₂も、この働きをしている。

アセチルCoAを受け取り、TCA回路に運んでいるのがL-カルニチンで、α-リポ酸とL-カルニチンが充分にあることで脂肪燃焼は進んでいく。α-リポ酸は有害物質の排出にも使われるので、農薬や添加物、重金属などの摂取が多い人は不足しやすい。

L-カルニチンは肉類に多く含まれるので、肉食が少ない日本人は不足しがち。そのためサプリメントの活用がすすめられている。

このほかに脂肪燃焼促進作用のあるサプリメント素材としては、興奮ホルモンのアドレナリンの分泌を高めて脂肪を燃焼させるカプサイシン、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させる共役リノール酸、筋肉のエネルギー源となるアミノ酸である分岐鎖アミノ酸(BCAA)などが知られている。

用語解説

L-カルニチン

脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体。以前は50年前から医薬品として用いられてきたが、2002年12月から食品(サプリメント)として使用できるようになった。

Q&Aコーナー

脂肪の燃焼をするサプリメントは充分な成分が含まれていれば、どれを摂っても効果は同じですか?

α-リポ酸とL-カルニチンは、脂肪酸をバトンタッチして燃焼するミトコンドリアのTCA回路に運んでいます。その人がα-リポ酸が不足していればα-リポ酸を摂ることで燃焼は進んでいきますが、L-カルニチンが不足している人には、その効果がありません。その逆もあって、自分は、どちらが不足しているのかがわからない人は両方の成分が含まれているサプリメントを摂るようにします。

脂肪を燃焼するサプリメントで効果が高いものは、どれですか?

α-リポ酸とL-カルニチンは今から10年以上前までは医薬品の成分としてしか使うことができませんでした。医薬品だけでなく、サプリメントとしても使われるようになったものだけに、有効性は確認され、どのような人が、どれくらい摂ればよいのかも確認されています。あとは、どれくらいの量が使われているかで効果が違ってきます。

α-リポ酸は、いつ摂るのが効果的ですか?

α-リポ酸は脂肪を燃焼させてエネルギーにするのを助ける働きがあるので、食事の前に摂ることで効果が得られます。有害物質を排泄するデトックス効果もあり、食事との間に時間があるとデトックスに使われて、脂肪の燃焼に回る分が減るようになります。食事の30分ほど前に摂るのが原則です。

L-カルニチンは、いつ摂るのが効果的ですか?

L-カルニチンは肉類に多く含まれ、たんぱく質と一緒に摂ることで吸収されやすく、脂肪燃焼効果も得やすくなっています。脂肪の燃焼は、脂肪が含まれた食品を食べたあとに進みやすいので、食事をする15~30分ほど前に摂るか、少なくとも食事と一緒に摂ることがすすめられます。もちろん、その食事には、たんぱく質が豊富な食品を取り入れることが必要です。

《監修:NPO法人日本メディカルダイエット支援機構》
《イラスト:日暮ろこ子》

スポンサード

引用日記

URLを引用して日記を書き込む

関連タグ:脂肪燃焼

関連タグ:脂肪酸

ダイエットラボ

PickUp NEWS

ダイエットクラブ コンテンツ一覧