vol.218 - エステなどでモチベーションを高めよう

要点のまとめ

  • 気になる脂肪はマッサージだけで移動させることができる
  • 移動した脂肪は燃焼しなければ消えてはくれない
  • モチベーションのアップにはエステは効果がある

エステなどでモチベーションを高めよう

何もしないで、寝転んでいるだけでやせられたら、こんなに楽なことはない。

数あるダイエット法の中にも“ごろ寝ダイエット”とか“計るだけダイエット”といった、名前からして楽な感じがするダイエット法があるが、楽をするダイエット法というと結果が出るまで長い期間が必要なものがほとんど。

その中で一つだけ違うものがあるとしたら、エステ(エステティック)だろう。マッサージや脂肪の揉み出しなどで気になる部分の体脂肪だけを減らすことができるなら、お金がかかっても試したくなる気持ちはよくわかる。

TV情報番組の中で、エステの効果が科学的に検証された例が紹介されていたことがあるが、これによるとエステの施術によって腹部や脇腹の脂肪が減った人の内臓脂肪と皮下脂肪を機器で測定したり、体脂肪率を測定したところ、体脂肪は減っていなくて、移動していたことが紹介されていた。

皮下脂肪の遊離脂肪酸は移動しやすいタイプの脂肪で、マッサージなどによって移動しやすくなっている。それでもエステは効果があると番組では締めくくっていたが、それは見た目にやせたことによってモチベーションが高まり、食事や運動に積極的に取り組むようになったから。モチベーションの効果は高いといえる。

用語解説

節約型体質

エネルギー源である脂肪を脂肪の中に蓄積しやすく、脂肪細胞の中に蓄積された脂肪が分解されにくい、太りやすく、やせにくい体質をいう。食事量が少ない時代には健康で長生きができる有利な体質であったが、食事量が多い時代には肥満になりやすく、生活習慣病を引き起こしやすい体質となっている。

Q&Aコーナー

エステの効果はモチベーションだけですか?

移動する脂肪は遊離脂肪酸なので、燃焼しやすいタイプといえます。移動させたあとに運動をすれば燃焼させやすいわけですが、身体を温めることでも燃焼を高めていくことができます。温めてからマッサージをするところもありますが、エステでは燃焼効果を求めて温められています。

マッサージで内臓脂肪は減らせますか?

マッサージで移動させて燃焼促進ができるのは皮下脂肪です。内臓脂肪は、脂肪細胞の中にしっかりと蓄えられているので、マッサージをしたくらいでは分解されて出ていくことは期待できません。内臓脂肪を減らすためには食事の量を減らすか運動をして燃焼させることが中心になります。

おなかの脂肪を胸に移動させることはできますか?

気になる脂肪が減って、目立たせたい脂肪が増えたらよいわけですが、皮下脂肪は腹部も胸も同じタイプで、ともに移動しやすい遊離脂肪酸が多くなっています。ただ、おなかから移動させるのは大変なので、胸の周りの脂肪を移動させていくマッサージなら効果が期待できます。

モチベーションアップだけで効果は高まりますか?

モチベーションを高めるだけでやせるわけではなく、ダイエットに効果があることを途中でやめてしまうのではなく、できるだけ長続きさせることで効果が長続きさせることに意味があります。エステのように技術が加わるものなら、モチベ―ションを高めることは、食事を減らしぎみにしようか、運動をして効果を高めようかという気持ちが高まります。

エステは食事と運動の、どちらと組み合わせると効果がありますか?

食事を減らしたり、運動の時間を長くすることでダイエット効果は得られるので、どちらでも大丈夫ですが、エステに行ったあとに実践して効果が得やすいのは運動です。身体が温まり、脂肪部分解しやすくなっている状態では、歩くだけでも脂肪の燃焼効果が違ってきます。

《監修:NPO法人日本メディカルダイエット支援機構》
《イラスト:日暮ろこ子》

スポンサード

引用日記

URLを引用して日記を書き込む

関連タグ:モチベーション

関連タグ:脂肪酸

ダイエットラボ

PickUp NEWS

ダイエットクラブ コンテンツ一覧