焼き物 

とろとろもっちり塩豆腐グラタン

総カロリー約700kcl
ご飯で作るホワイトソースと塩豆腐の、グルテンフリーにもなるグラタンです

材料

2人前
◉ご飯のホワイトソース
>ご飯 軽く一膳
>牛乳 150~200ml
>コンソメ 適量
>塩こしょう 適量
>オリーブオイル 適量
◉具材
>塩豆腐 一丁(絹ごし)
>ピーマン 2個
>タマネギ 1個
>塩こしょう 適量
>ローズマリー お好み
>乾燥パン粉 適量またはお好み
>パルメザンチーズ 適量
>バター ひとかけ

作り方

手順1

<ご飯のホワイトソース>
ミキサーに材料を入れてまわします。
まわしているとどんどん重くなって来ます。
コンソメがあればよりベシャメルソースに近づきます。

手順2

タマネギ、ピーマンを適当に切り、炒めます。
ローズマリーなどのハーブを入れるとぐっと風味が増します。

手順3

塩豆腐を一口大に切り、少ししんなりした②に入れます。崩れないように気をつける事。

手順4

①と③を混ぜ合わせ耐熱皿へ。
パン粉、パルメザンチーズをかけ、オリーズオイル少量、バターを置きます。
オイルを少量かける事でパン粉が焼き上がりぱりぱりします。

手順5

<塩豆腐>
豆腐に塩をふりかけ、キッチンペーパーで巻き半日〜1日冷蔵庫で保存したもの。
排出された水はこまめに捨てると、水気が抜けてむっちりした食感になります。
絹ごしを使いましたが、木綿でも。食感のお好みで選ぶと良いです。

手順6

<番外/22穀米と豆乳の和風ソース>
白米>15~22穀米
コンソメ>みそ小さじ1
牛乳>豆乳
に、変えて。作り方は同じです。

その他・コツなど

グルテンフリーを実践している方はパン粉を代用品なりにすればOKです。
実際にカロリーは既製品のホワイトソースを使ったものと変わりませんが、なによりこのソースはむっちりしていて、食感を楽しむ事が出来ます。
中の具は鶏胸肉でも、野菜のみでもいいです。
塩豆腐は常備しているので使ってみました。タンパク質を効率よく、そして洋風にも使えるので飽きずに食べれます。

「食べたい」でブックマークしよう!

スポンサード

新着順コメント - 0件中 1~0件目

カテゴリー

ダイエットラボ

PickUp NEWS

ダイエットクラブ コンテンツ一覧