たんぱく質の代謝の仕組み

目次

たんぱく質は20種類のアミノ酸によって構成される

食品に含まれるたんぱく質は、胃液に含まれる消化酵素のペプシンによって鎖状のポリペプチドになり、十二指腸で膵液に含まれる消化酵素のカルボキシペプチターゼによってトリペプチドに変化する。

これはアミノ酸が3つ結合した構造をしていて、消化酵素のキモトリプシンによってアミノ酸が2つ結合したジペプチドになり、さらに消化酵素のトリプシンによってアミノ酸となる。アミノ酸は小腸から吸収されたあと肝臓に運ばれ、全身に必要となるたんぱく質や酵素、ホルモン、神経伝達物質なども合成される。

身体は約10万種類のたんぱく質で構成されているが、これらのたんぱく質は20種類のアミノ酸によって作られている。アミノ酸のうち体内では合成されずに食事から摂らなければならない9種類は必須アミノ酸と呼ばれる。

必須アミノ酸が一つでも必要量に達していないと、たんぱく質としての栄養評価(アミノ酸スコア)が下がる。たんぱく質は重要な身体の構成要素だが、エネルギー源のブドウ糖と脂肪酸が不足したときにはTCA回路に入り、エネルギーとして使われる。

不要となったたんぱく質はアミノ酸に分解され、肝臓内で有毒なアンモニアから無毒な尿素となって、排泄される。

用語解説

アミノ酸スコア

9種類の必須アミノ酸(リジン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)のバランスと、それぞれの量が必要量に達しているものを100として決められたスコア(充足率)のこと。アミノ酸スコアが高い食品としては、肉類、魚類、豆類、卵類があげられる。

Q&Aコーナー

たんぱく質がエネルギーとして使われないようにするには、どうすればよいですか?

ブドウ糖も脂肪酸も多く摂りすぎると脂肪になって太る原因となってしまいますが、足りなくなるとたんぱく質がエネルギーとして使われて、たんぱく質で作られている筋肉が減るようになります。筋肉がブドウ糖と脂肪酸をエネルギーとして燃焼させるので、筋肉が減ることはダイエットしにくい体質になってしまうということです。

9種類のアミノ酸だけを摂っていればよいのですか?

必須アミノ酸は身体の中では合成されませんが、それ以外の11種類の非必須アミノ酸は合成されます。だから食事から摂らなくてもよいというわけではありません。食事から摂らなくても不足はしないものの、非必須アミノ酸は体内の酸から合成されています。その合成には酵素も使われます。これらが不足することになるので、非必須アミノ酸も摂ったほうが健康維持にはよいわけです。

コラーゲンもたんぱく質ですが、アミノ酸に分解されても身体の中でコラーゲンになるのですか?

コラーゲンは身体の中のたんぱく質の約30%を占めている最も量が多いたんぱく質で、細胞を結びつける役割をしているので、美肌成分としても知られています。たんぱく質はアミノ酸に分解されてから吸収されて、肝臓の中で身体に必要なたんぱく質に合成されます。コラーゲンを摂ったからといって、肝臓でコラーゲンに合成されるとは限りません。しかし、コラーゲンだけを摂れば、コラーゲンの材料のアミノ酸が身体に入ってくるので、コラーゲンに合成されやすくなります。

コラーゲンとアミノ酸の中間のペプチドは、コラーゲンになりやすいのですか?

ペプチドの状態のサプリメントもありますが、アミノ酸が結びついた形になっていて、そのまま吸収されます。コラーゲンのペプチドは肝臓ではコラーゲンに合成されやすいので、肌の健康を保つ効果は高いといえます。

アミノ酸をバランスよく摂るには、何を食べればよいですか?

アミノ酸がバランスよく豊富に含まれている良質のたんぱく質は肉類、魚介類、乳製品、卵、大豆製品ですが、このうち食べやすいものだけを食べればよいというものではありません。人間の身体は動物性のたんぱく質でできているので、植物性の大豆製品だけではなく、動物性の食品も食べるようにします。身体に必要なアミノ酸は20種類あり、これらが欠けないようにするためには、いろいろな食品からたんぱく質を摂るようにするべきです。

《監修:内閣府認証 NPO法人日本メディカルダイエット支援機構
《イラスト:日暮ろこ子》

要点のまとめ

  • たんぱく質はアミノ酸に分解される
  • 身体は20種類のアミノ酸の組み合わせで作られている
  • 必須アミノ酸が充分な食品はアミノ酸スコアが高い

引用日記

URLを引用して日記を書き込む

関連タグ:代謝

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他