'12/01/11 20:46

1/11日オープン! タニタ食堂のヘルシーメニューが丸の内で食べられる

 ヘルシーな社食メニューで注目される健康機器大手のタニタが、11日(水)外食産業に参入し、「丸の内タニタレストラン」をオープンした。

 場所は、東京・丸の内の「丸の内国際ビルヂング」地下1階。ガラス張りの開放的な雰囲気の店内に最大70席を配置し、社員食堂と同じ食券販売機によるセルフサービスで、1食あたり500kcal前後のヘルシーメニューを提供している。
 
 日替わり定食(800円)と週替わり定食(900円)の塩分はいずれも3グラム前後。野菜を150〜250グラム使い、よく噛んで食べられるよう大きめに切り分けて固めにゆで、茶碗の内側には、ご飯の盛り過ぎを防ぐために100グラム、160グラムの線を引くという徹底ぶり。

 各テーブルには同社製の小型計量機とタイマーを設置し、利用者は1食約20分を目安に食事する。また、カウンセリングルームも併設し、体組成計の計測や管理栄養士のアドバイスを無料で受けることができる。

 同レストランでは、店頭での弁当も販売する予定。将来的にはチェーン展開も視野に入れていくようだ。

営業時間:平日 午前11時~午後3時
場所:東京都千代田区丸の内3−1−1 丸ノ内国際ビルヂング地下1階

《編集部》

Ads

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他