'13/06/18 14:00

よく飲まれている「栄養ドリンク」ランキング… ソフトブレーン・フィールドの調査

 ソフトブレーン・フィールドは、「栄養ドリンク」の購買理由に関する分析レポートを発表した。

 同社は、4月29日から6月2日の間、クレジットカード会社であるクレディセゾンのネット会員(男性:385人、女性:395人/780データ)を対象に、購入レシートによる「栄養ドリンク」の購入とその理由を調査した。

 ブランド別にみると、全体では『リポビタン(大正製薬)』が246レシート、『チオビタ(大鵬薬品)』が92レシート、『エスカップ(エスエス製薬)』が67レシート、『チョコラBB(エーザイ)』が61レシート、『アリナミン(武田薬品)』が58レシートとなり、売れ筋上位5ブランドで全体の67.2%を占めていた。

 男女別にみると男性では総計と同じ順位付けとなっているが、女性では肌ケアなどの機能価値を訴求したブランドである「チョコラBB(エーザイ)」が2位に入った。

 栄養ドリンクの購入場所(業態)について男女別にみると、男性では「コンビニエンスストア(32.5%)」、「ドラッグストア・薬局(30.6%)」、「総合スーパー、食品スーパー(29.6%)」となった。一方女性は「ドラッグストア・薬局(46.5%)」、「総合スーパー、食品スーパー(27.8%)」、「コンビニエンスストア(24.4%)」の順となり、男女で比較すると、男性は「コンビニエンスストア」での購入割合が高く、女性は「ドラッグストア・薬局」での購入割合が高いことがわかった。

 購入本数について男女別で比較すると、男性は「1本」購入が75.6%となっているのに対し、女性は複数本での購入(「2~9本」と「1箱(10本入り)」の合計)が46.9%と割合が高くなっている。

 ブランドごとに多かった購入理由としては、『リポビタン』では「飲みやすい・使いやすい(82.8%)」、「良く効く・効きそう(81.3%)」、「量・大きさがいい(79.2%)」となった。

 続いて、『チオビタ』は「価格がお手頃(82.6%)」、「飲みやすい・使いやすい(79.3%)」、「良く効く・効きそう(75.3%)」の順に、『エスカップ』は「価格がお手頃(84.0%)」、「量・大きさがいい(76.5%)」、「飲みやすい・使いやすい(76.1%)」となっている。

 本来の目的である体力回復や栄養補給、疲労回復を理由に挙げる一方で、「価格がお手頃」と価格面から購入につながっている割合も高くなっている。

 今回の購入について購入を決めるまでの時間を聞いたところ、「すぐに購入を決めた(5秒以内)」が60.3%、「他の商品も一通り見てから購入を決めた(30秒以内)」が29.6%、「他の商品を見ながらどれにしようか悩んだ末、購入を決めた(30秒を超える時間)」が10.1%となった。各ブランド商品が店頭に並ぶ中で、購入者は比較的短い時間の中で商品を選定していることがわかった。

《浦和 武蔵》

Ads

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他