'14/05/25 18:00 cinemacafe.net

ウィリアム王子主催のチャリティディナーに道端ジェシカ、エマ・ワトソンら豪華セレブが出席

アメリカン・トラディッショナルを代表するファッションブランドとして知られる「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」はヨーロッパ最大のがん治療病院として著名な「ロイヤルマースデン」とパートナーシップを提携し、最先端の乳がん治療センターへ出資を行っていくと発表。

この乳がん撲滅運動をグローバルで推進する「ラルフローレン」とロイヤルマースデンがんセンターチャリティとのパートナーシップ契約を祝して、5月13日(現地時間)、イギリスのウィンザー城にて、ウィリアム王子主催のチャリティディナーが開催された。

ディナーには、ラルフ・ローレン氏(ラルフローレンコーポレーション代表)を始め、ロイヤルマースデンとラリフローレンのチャリティ活動に賛同するエマ・ワトソンやケイト・ブランシェット、チャン・ツィイーなど多くのセレブリティがセレブリティが多数出席し、日本からは道端ジェシカが列席。「ラルフ ローレン」コレクションのイブニングドレスに身を包み、開場に華を添えた。

道端ジェシカは、「ラルフローレン」のノースリーブのエレガントなレッドのイブニングドレスを着用して登場。同じく「ラルフローレン」の上品な刺繍が入ったシックでスレンダーなイブニングドレスを纏ったチャン・ツィイーとのツーショットも見られた。

今回のパーティへの参加にあたり、道端ジェシカが次のようにコメントを発表した。「日本でもがん撲滅は大きな課題となっていますが、がんの早期発見から治療そして知識を向上させるためにも、世界中で慈善活動を行っているラルフローレンの様なブランドが今回パートナーシップを組むことによって世界中の病院に素晴らしい影響を与えることになると思います」。

《text:Miwa Ogata》

提供元 関連記事

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧