'14/12/25 18:20

ふだん食べている食事の「血糖値」を知っていますか?

 体質や目指す体型によって、ダイエットのやり方はさまざま。どのような方法が最適なのか判断するのは難しいが、近年では「血糖値を急激に上昇させない食品」に注目が集まっているようだ。

 血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の量を示す数値。血糖値が上昇すると、肝臓で脂肪の合成と蓄積を促進するインスリンが分泌されるため、血糖値が上がりにくい食材を摂れば、体脂肪の増加が抑えられると考えれている。

 また、血糖値を気にするだけでなく、糖質(炭水化物から食物繊維を引いたもの)が多い食材を控え、食物繊維をたくさん摂ること、さらに食事のタイミングが重要らしい。

 ここで特に大切なのは、日常的に食べているものの血糖値を知ることだが、食事のたびに厳密な血糖値を調べるのは困難。ふだんの生活で食べる機会が多い食事の血糖値を、参考程度に知ることができれば、ダイエットに役立つかもしれない。

 12月29日に発売予定の書籍『ズボラでも脱糖尿病 血糖値 上がらないのはどっち?』(アスコム/1,100円+税)では、「ソースかつ丼と牛丼」「カルボナーラとミートソース」など、一般的なメニューを比べ、一目で血糖値が高い食べ物が分かるように紹介されている。同書では、料理とスイーツを合わせて176品目の血糖値が記載されているため、気になる人はチェックしてみよう。

《ダイエットクラブ編集部》

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧