'15/09/02 12:00

寝不足の人は要注意! 睡眠時間が短いと「太りやすい」ことが判明

 仕事や家事・育児に追われ、“睡眠不足”に陥ってしまうことはよくある話だが、睡眠時間が短い人は「太りやすい」らしい。

 ドコモ・ヘルスケアが、自社の健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」に蓄積された睡眠時間などのデータに着目し、リストバンド型活動量計(ムーヴバンド2)を使っている、10代~80代の男女約1,600人を対象に「睡眠時間とBMI値の相関」を調査したところ、『睡眠時間が短いと太りやすい』という傾向が明らかになったという。

 同調査によれば、男性は「平均6時間以上8時間未満」、女性は「平均7時間以上8時間未満」の睡眠時間を取っている人のBMI値が、もっとも低かったことが判明した。

 また、季節ごとの平均睡眠時間を比較したら、春は「6時間6分」、夏は「5時間52分」、秋は「6時間6分」、冬は「6時間15分」という結果になった。

 続いて、布団に入ってから眠りにつくまでの平均時間を、季節ごとに比較したら、春は「17分17秒」、夏は「19分27秒」、秋は「18分24秒」、冬は「17分11秒」となり、夏場は、眠りにつくまでに時間がかかることがわかった。

 このほか、「平均睡眠時間」と「眠りにつくまでにかかる時間」を男女別で比較したら、男性の平均睡眠時間は「6時間3分」、女性は「6時間10分」となり、女性の方が男性よりも、約7分多く、睡眠時間を取っていたことが明らかに。そして、眠りにつくまでにかかる時間についても、男性より女性の方が早く、男性は「15分44秒」、女性は「14分50秒」だった。

《ダイエットクラブ編集部》

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧