'15/10/05 19:00

「眠ることがダイエットにつながる!」と、10キロの減量に成功した睡眠コンサルタントが熱弁

 10月5日、都内にて『レイコップ 新製品発表会』が実施された。

 同発表会は、レイコップ・ジャパン株式会社の新製品「レイコップ RS2」をアピールするために行われたもの。

 同商品は、“ハウスダストに悩む人びとを救いたい”と、医師のリ・ソンジン氏(現在はレイコップ・ジャパン代表取締役社長)が思い立ったことから誕生した、ふとんクリーナー「レイコップ」の最新製品。

 レイコップの特徴は、ふとんのハウスダストを効率的に除去するために、「UV除菌」「たたき」「吸引」「清潔感」を重視して開発されているところ。

 2007年から発売されて以来、世界の24か国で販売実績があり、日本では2012年から販売がスタート。本年5月時点で、日本国内での累計販売台数が300万台以上を突破しているという。

 最新モデルとして披露された「レイコップ RS2」には、ふとんの種類(羽毛布団/掛け布団/敷き布団)に合せた3つのモード機能が新たに搭載されている。メーカー希望小売価格は税込39,960円で、10月29日から全国の家電量販店や公式オンラインストアで販売される予定とのこと。

 また、今回の発表会では、スペシャルゲストとして、睡眠コンサルタントの友野なお氏が登場した。

 友野氏は、自身の睡眠環境を見直して“質の良い眠り”を追求・実践したことで、10キロ以上のダイエットと体質改善に成功。その経験から、睡眠を専門的に研究するようになり、現在は順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程に在籍。また、2004年にミス日本を受賞している。

 発表会で友野氏は、太っていたときの写真を“暗黒時代”として公開し、「しっかりと眠ることが、ダイエットにつながると断言できます!」と言い切り、「睡眠の質は健康の質です。私の場合は(ダイエットだけでなく)アトピーも改善しました。人生の質、そのものをあげるのが睡眠です」と語気を強めて熱弁し、睡眠の効果や快適な眠りの条件を紹介した。

 さらに友野氏は「寝ているときは口呼吸になっている人が多いので、寝具の衛生環境を整えることは、とても大切になってきます。チリやホコリは勝手に溜まっていくものなので、こまめに自分でケアをして、睡眠環境を整えましょう」と話していた。

《ダイエットクラブ編集部》

スポンサード

関連記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットラボ

PickUp NEWS

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

関連タグ

次の記事

前の記事