'15/10/08 12:00

【食品開発展2015 Vol.04】福岡エリアのメーカーが「地元の特産品」を食品素材として紹介

 本日10月8日、東京ビッグサイトでの開催二日目を迎えた『食品開発展2015』。

 同イベントでは、600社以上の企業がブースを出展し、新しい食品原料素材や機能性食品素材を出品している。

 このうち、「福岡エリアの特産品」を食品原料として取り扱っている数社による、共同出展ブースもあった。

 ブースでは、福岡県産のイチゴをはじめ、キウイやトマト、キクイモなど、九州産の食材を使って商品化(またはサンプル品)した食品などを展示。

 このほか、疲労回復や腸内環境を整えたり、美肌のサポートにもつながる「麹」を活かした食品を、福岡県内で製造販売しているメーカーが、福岡県産のイチゴ(あまおう)を使用した栄養補助食品などをアピールしていた。

《ダイエットクラブ編集部》

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧