'15/10/26 19:30

カゴメ、機能性表示食品として『カゴメトマトジュース』を発売…2016年2月2日から

 カゴメは、機能性表示食品として『カゴメトマトジュース』を、2016年2月2日から全国で発売する。

 同商品は、1933年から提供されている野菜ジュースで、トマトの栄養成分(リコピン)などが含まれている。

 カゴメによれば、リコピンは、トマトに含まれる自然由来の栄養素で、体内の血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが、報告されているという。

 またカゴメは、「血中コレステロールには、LDL(悪玉)コレステロールやHDL(善玉)コレステロールがあり、過剰なLDL(悪玉)コレステロールは、血管内壁へのコレステロール蓄積を増やし、健康に悪影響を及ぼすことがわかっています。一方、HDL(善玉)コレステロールは、血管内壁に溜まったコレステロールを取り除く働きがあります。 リコピンには、血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが報告されており、本商品(カゴメトマトジュース・4品)は、血中コレステロールが気になる方にお勧めです」とのコメントを発表している。

 機能性表示食品として発売されるのは、「カゴメトマトジュース 高リコピントマト使用(265g PET)」「カゴメトマトジュース スマートPET(720ml PET)」「カゴメトマトジュース 食塩無添加 スマートPET (720ml PET)」「カゴメトマトジュース 食塩無添加(200ml 紙)」。

 なお、上記4品の商品パッケージには、“血中コレステロールが気になる方に”と印字された状態で販売される。

《ダイエットクラブ編集部》

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧