'16/01/04 11:00 CYCLE

香川真司、故郷・神戸で過ごすお正月…2016年は「子供たちにとって目標の選手になれるように」

ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が1月2日、ツイッタ―を更新した。

「My Home Town,Kobe!!!」と兵庫・神戸市から淡路島を結ぶ明石海峡大橋を背景にした写真を載せる香川。所属するリーグがウインターブレイクに入り、帰国している香川は、お正月を故郷の神戸で過ごしたそうだ。

香川はその様子をブログにも書いている。「故郷」とエントリーすると、かつて自身も子供の頃在籍していた地元のサッカーチームの初蹴りに参加し、子供たちとサッカーをする写真を数枚載せている。

また、「世界中の子供たちに夢を与えられるような選手になるため、そして子供たちにとって目標の選手になれるようにがんばります。」と香川はブログで、2016年の決意をつづった。

2015年の最後に更新したブログで、スポーツが人に与える影響は大きいと香川は「僕は子供たちの為に何が出来るか?何をしなくてはいけないのか?もっと考えるべきだと思います。」と子供たちへ対する想いを書き込んでいた。

ファンからは、「子どもたちに夢を与えられる事程、素敵なものはないと思います」「2016年の決意を聞くことができて、とても嬉しいです」「今年も素晴らしい活躍を祈ってます」「明石大橋きれいですね!」「明石海峡!!海を挟んで反対側にいますよ私」などのコメントが寄せられていた。

香川は1月3日、再びドイツに向けて出国する。

《桜川あさひ》

提供元 関連記事

Ads

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他