'16/01/15 16:00 CYCLE

花粉シーズン、2月上旬からスタート… 日本気象協会

日本気象協会は、全国・都道府県別の2016年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測・第3報を発表した。

スギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本では例年より早いところが多く、北日本では例年並みの見込みとなる。花粉のシーズンは、まもなくスタート。2月上旬に、九州・中国・四国・東海・関東地方から始まると予測されている。

しかし、飛散開始と認められる前から、わずかながらスギ花粉が飛び始めることから、2月上旬に飛散開始が予測されている地域では、そろそろ花粉対策が必要となりそうだ。

ピーク予測は、スギ・ヒノキ花粉それぞれ例年並み。福岡は2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋・東京は3月上旬から中旬の見込み、金沢と仙台は3月中旬から下旬にピークを迎えると予測。ヒノキ花粉のピークは、スギ花粉のピーク終了後。金沢と仙台は、飛散数が比較的少ないと予測されている。

前シーズン比では、九州・四国・東海・関東甲信地方は多いかやや多いで、非常に多く飛散するところもある見込みだ。中国地方では前シーズン並み、近畿・北陸・東北地方と北海道ではやや少ない。例年に比べると、東北地方ではやや多い見込み。

そのほかの地域では、例年より少ないところが多いと予測。特に九州・四国・近畿地方・北海道は、例年の半分以下となる見込みだ。

《美坂柚木》

提供元 関連記事

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧