'16/03/13 08:00 CYCLE

足でプレーするビリヤード「ビリッカー」全国大会、東京で開催

ビリヤードとサッカーが融合したフランス生まれのスポーツ「ビリッカー」の公式大会、「ビリッカー全国大会」が東京タワーメディアセンターで3月20日に初開催する。

ビリッカーは、ビリヤード台をそのまま拡大したような競技場でサッカーボールを使用し、キューの代わりに足やヘディングでプレイする。球は3号球のサッカーボール。基本的なルールはビリヤードと同じ。フランス名称はスヌークボール。

ビリッカー全国大会には、昨年11月の関東大会、2月の関西大会を突破した計最大10チームが出場する。エキシビジョンマッチも同時開催され、フットサルの達人とビリヤードの達人が対決する。

出場フットサル選手は、フットサル日本代表キャプテンの滝田学(ペスカドーラ町田)、中井健介(同)。ビリヤード選手は、日本プロポケットビリヤード連盟所属の早川英房が出場する。

観戦は無料。観戦申し込みはビリッカー公式サイトから行う。

《美坂柚木》

提供元 関連記事

広告

関連記事

関連タグ

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧