'16/08/24 06:45 CYCLE

熱心なランナーはシューズの履き心地を重視…ランニング市場分析

スポーツアパレル・シューズ市場情報サービス「Japan Sports Tracker」を提供するエヌピーディー・ジャパンは、スポーツシューズ市場を分析し、ランニング市場動向を公開した。

2015年5月~2016年4月計のスポーツに使われている、またはスポーツ用に販売されているアパレルとシューズの市場規模比率は、アパレルが47.6%、シューズが52.4%となった。スポーツシューズの使用割合を見ると、60.1%がスポーツに使用されていることがわかった。

次に、どのようなスポーツに購入したスポーツシューズを使用しているかを分析。その結果、33.5%がランニングに使用されていた。ウォーキングは10.2%。ランニングに使用している頻度を見ると、40.9%が週3回以上ランニングしていることがわかった。これは、他のスポーツよりも高い頻度となっている。週3回以上ランニングする熱心なランナーは、男性が76.7%と多く、年代では男女34才以下が多い。

スポーツシューズの主要購買理由を見ると、全体では「デザイン」がトップとなった。しかし、週3回以上ランニングする熱心なランナーを見ると「履き心地の良さ」がトップとなる。熱心なランナーは、機能性を重要していると言えそうだ。

《美坂柚木》

提供元 関連記事

Ads

次の記事

前の記事

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他