専門家の回答

気にしないことが一番ですね。

こんにちは。KUROさん。

若いころというのは、いろいろなことで悩んだりくよくよすることも多いと思います。

私も、子供の頃は引っ込み思案な方で悩みだらけでした。
後から考えると、いじめられていたのかな、差別されていたのかなと思うこともありますが、今のように子供同士のかかわりが少ないということもなく、塾やおけいこなどもそれほど行っていないので、異年齢の子供とも遊ぶ機会もあり、時間に追われるような生活ではなかったので、今の子供たちほどストレスはなかったように思います。

KUROさんとは少し悩むことも違っているかもしれませんが、残念ですが世の中にはそういう心無いことを言う人間は子供であれ、大人であれ必ずいます。

私も悩んだり、いじめられていく子をかばったりしていました。

今はかばうと反対に自分がいじめられるようになると聞きますが、情けない世の中だと思います。

なぜか、20歳になったころにそういう人たちはとても心の狭い人間なのだということに気づいてからは、心の中のもやもやが消えたようにすっきりしました。
だから、自分は決してそういう心の狭い人間にはなりたくないと常々思っています。

自分のストレスを発散するためにそういう言動に出るのか、いじめにしろ、差別・偏見にしろ、一番寂しい思いをしているのはそういうことを言う当事者ではないでしょうか?

自分に自信を持って、堂々としていれば、その生徒たちもだんだんと言わなくなると思いますよ。

修学旅行は一生の思い出になります。
そういうことは、考えずに思う存分楽しみましょう!
青春は二度ないですよ!

評価・お礼

専門家から

専門家について

プロファイル専門家サイトへ移動

教えて!専門家Q&A カテゴリー

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他