専門家の回答

就寝前の工夫

お見受けした所、スケジュール的にも食事などを頂くタイミングは、そんなに問題ない様に思います。生活サイクルが普通の方と違い、夜型のスタイルで生活されておられる訳ですからね。

23時半のおやつですが、それを頂かないと帰宅後に食欲が増すというならば食べておいた方が良いという事もありますが、やはりその内容には気を付けられた方が良いでしょう。
そして、寝る前にどか食いになったり甘いものが欲しくなるというのは、仕事のストレスから解放されて一気に気が緩んでしまう事が大きいのでしょう。

でも就寝前のどか食いは一番ダイエットに良くありませんので、帰宅してからは固形物を口にされない方が胃腸を始めとする内臓が休まり、それが代謝の良い体を作りますので、ダイエットに効果的だと思います。

どうしても疲れて甘いものが欲しい時、私は米麹からできた甘酒をお薦め致します。
天然の甘みを持つ甘酒を朝食代わりにされて「空腹感を感じない」という方もおりますから、深夜の強い味方かもしれません。

私も食事を抜きたい時や、甘いものが深夜に欲しくなった時に愛飲しておりますが、空腹感を抑える事や体力が落ちないなど、とてもダイエットに向いた食品であると思います。
(原液のままでは甘過ぎるので私は水で薄めて頂いていますし、深夜などカロリーが気になる場合は、お米の粒々をザルで濾して液体だけ飲むという飲み方もしています)

以上、何か参考になれば幸いです。

評価・お礼

専門家から

専門家について

プロファイル専門家サイトへ移動

教えて!専門家Q&A カテゴリー

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧