回答受付中

大豆製品は体脂肪の蓄積を招きやすいのでしょうか?

こんにちは。
今ダイエットアプリを使っているのですが、月額会員の方に毎日食事や運動方法のお勧めや情報を提供してくれます。
その中で疑問に思ったところがあり、特に大豆製品はダイエットにはあまり適さないとも取られる内容を何度も見かけました。下記内容です。
「大豆製品(豆腐、豆乳、枝豆など)に含まれるイソフラボンは体脂肪の蓄積を招き、フィチン酸は抗栄養素でミネラルの吸収を阻害してしまうので、量には本当に気をつけて欲しいです。
納豆は唯一フィチン酸が取り除かれるので、乳酸菌の摂取のためにも1日1パックなら食べて大丈夫だと思います。もしそれらをどうしても食べたい場合、ベジタリアンやヴィーガンの方は、マグネシウム、亜鉛、タウリン、オメガ3脂肪酸などエストロゲンを掃除してくれる栄養を摂るようにしましょう!」


この話は初めて聞き、興味を持ちました。
イソフラボンやフィチン酸についてもっと知りたいと思い調べてみたのですが、「イソフラボンは体脂肪の蓄積を招き、フィチン酸は抗栄養素でミネラルの吸収を阻害してしまう」という文面の書かれた論文などのソースが見つかりません。
やはり大豆製品は体脂肪を増やしやすいのでしょうか?
教えていただけると嬉しいです!

「共感」でブックマークしよう!

Ads

新着順コメント - 1件中 1~1件目

教えて!専門家Q&A カテゴリー

おすすめ記事(一部広告含む)

ダイエットクラブ コンテンツ一覧

その他